プロカトーパス・アベランス【めだかの飼い方・育て方】


■プロカトーパス・アベランス

体長: 5〜6cm

カメルーン、ナイジェリア原産の卵生めだかです。

青い体と赤が散りばめられたヒレが美しいめだかです。

上品で清楚な印象を与え水草水槽では元気に泳ぐ姿が見られます。

飼育は容易で、エサも何でもよく食べます。

繁殖も容易で、岩や流木の裂け目に産卵する

クラック・スポウナーであることが知られています。

産卵には溝を掘ったコルクや、スポンジを使うと良いでしょう。

めだかの紹介


ランキングもよろしくね!


めだかの飼い方・育て方

プリアペラ・インターメディア【めだかの飼い方・育て方】


■プリアペラ・インターメディア

体長: 5cm

メキシコ原産の卵胎生めだかです。

黄色い体色にランプアイのような青い眼が美しい種です。

飼育、繁殖は容易ですが、産仔数はやや少なめです。

めだかの紹介



ランキングもよろしくね!


めだかの飼い方・育て方

モスコーパンダ・グッピー【めだかの飼い方・育て方】


■モスコーパンダ・グッピー

体長: 3cm〜4cm

非常に人気の可愛らしいグッピーです。

モスコーブルーの体色を基調に、

小さい尾ビレと白い頭が特徴的で、

黒い目はまさしくパンダのような顔に見えます。

短い尾ビレで非常に元気良く泳ぎ、

他のグッピーに比べ軽快な動きは見ていて飽きないです。

めだかの紹介


ランキングもよろしくね!


めだかの飼い方・育て方

RREファイアーレッドテール・グッピー【めだかの飼い方・育て方】


■RREファイアーレッドテール・グッピー

体長: 3cm〜4cm

RREファイアーレッドテール・グッピーの名で流通している、

透き通る赤の尾ビレが非常に美しい品種です。

詳細は不明ですが、アメリカンレッドテールの

RREAタイプのような感じです。

派手な美しさは非常に魅力的で、

水草水槽でもひときわ目立つ存在になります。


めだかの紹介



ランキングもよろしくね!


めだかの飼い方・育て方

アフィオセミオン・ストレイタム 【めだかの飼い方・育て方】


■アフィオセミオン・ストレイタム

体長: 5cm

ガボン原産の卵生めだかです。

ブルーからグリーンに輝くボディ意に

赤い斑点が並んだ美しい魚です。

尾ビレはややライヤーテールになり、

各ヒレの模様も非常に美しいです。

卵生めだかの中でも飼育も容易な方で、

一度落ち着いてしまえば特に水質にもうるさくありません。

高温には弱く、やや低めの水温を好みます。

繁殖も容易ですがオスが多く生まれたりといった

性比に偏りがあります。

本種は非年魚です。



めだかの紹介


ランキングもよろしくね!


めだかの飼い方・育て方

キングコブラグッピー【めだかの飼い方・育て方】


■キングコブラグッピー

キングコブラは1965年にアメリカからリリースされ、

その原型はドイツにあったといわれています。

1968年に初めて輸入され、現在では

ポピュラーな品種の一つです。

体側のメタリックなコブラ模様が最大の特徴です。

これはオスからオスへ遺伝され、他品種との交配により

様々な品種が作出されています。

めだかの紹介


ランキングもよろしくね!


めだかの飼い方・育て方

フルメタルグラスグッピー【めだかの飼い方・育て方】


■フルメタルグラスグッピー

体長: 3cm〜4cm

メタルとグラスの特徴を持つ品種です。

メタルは上半身の濃紺の金属光沢を示します。

このメタルはオスからオスに遺伝子し、

コンディションがよいと特に濃くなります。

フルメタルはこの金属光沢が尾筒まで入ります。

メタル系のグッピーは渋い美しさを持ち、

玄人好みな品種です。

めだかの紹介


ランキングもよろしくね!


めだかの飼い方・育て方

シルバーグラスグッピー【めだかの飼い方・育て方】


シルバーグラスグッピー


シルバーの基調色を持つグラス系グッピーです。

ブルーグラスとシンガーポールのソリッドの

交配により作出された品種です。

ブルーグラスをから青を抜いた体色を持ちます。

尾ビレなどはまだ光の当たり方により

青く見えることもあります。水草水槽で泳がせると、

非常に上品に見えます。

■そのほかのめだかの紹介


ランキングもよろしくね!


めだかの飼い方・育て方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。